人事戦略の再構築

経営理念を人事戦略・組織戦略へ。さらに人事制度へと展開。経営理念の浸透と共有を具現化するための人事戦略の再構築をおこないます。

  • 対象 経営理念を浸透、共有していきたい企業
  • 課題 創業来からの経営理念の共有が希薄になりだした
  • 現状 言語化・仕組み化・制度化の必要性を感じている
  • 特長 経営理念を軸に、言行一致の仕組みづくりを支援
  • 実績 成長期をむかえた企業での支援実績があります

人事戦略再構築ならビジョナリズム

 人事戦略の再構築-Visionarhythm(ビジョナリズム)

人事戦略の再構築「Visionarhythm(ビジョナリズム)」

  • 人事ポリシーの策定
  • 人事処遇制度

の2つの要素で人事制度改革を行うサービスです。

人事戦略の再構築が必要な時期

成長期に入ると、価値観の具体化が必要になる
経営理念は掲げただけでは実現できません。事業サービスに投影されることは勿論ですが、人事制度にこそ盛り込むことで、会社が従業員に期待すること、社会に対して提供したい価値、を明確にすることができます。
言行一致が求められるステージが突入する
伸びている会社は「言ってることと、やっていること」のギャップが少ないもの。理想通りに行動することはとても難しいかもしれませんが、経営理念を具現化するために人事制度改革は避けて通れません。

人事戦略再構築-Visionarhythmの特長

成長期だからこそ、見えてくる課題
成長過程の企業が多く持つ課題、それは『経営理念(ビジョン)と現実の組織のバランスをどうハンドリングしていくか』です。「経営理念」の実現を目指していくために何をすべきなのかを明確にし、従業員が自分のビジョンや価値観と重ねあわせることができたときに、ワークエンゲイジメントは強くなり始めます。
人事戦略再構築-Visionarhythm(ビジョナリズム)
経営理念を軸に、人事処遇制度・能力開発・スタイル・システム・人材採用などの人事戦略を構成する要素との連鎖をつくります。こう下取り組みは、ワーク・エンゲイジメントを高めるための重要な要素の一つです。掲げた理念を理念のままに終わらせることなく、組織が「実現したい未来」と「そのための戦略」を「タスク」として明示化し、「適切に導入し運用を行う」ためのフレームワークを明瞭化するのが『人事戦略再構築-Visionarhythm(ビジョナリズム)』です。
実現したい世界の明確化
経営理念を軸にビジョン、ミッション、コア・バリューをより明確化。明示化していきます。
取り巻く要素の明確化
方針と施策と平行してスケジュール化を行います。具体的な導入計画やリリース調整を行います。
スケジュール化
具体的な導入計画やリリース調整を行います。

人事ポリシーの明確化

人事ポリシー」とは、経営理念と企業ビジョンを具現化するための人事管理の基本的なあり方を定めたもの。人事ポリシーが存在することで、組織の人事管理の指針が打ち立てられると同時に、各種人事制度策定の原点を得ることができます。

委員会メンバー表委員会運営体制に基づきますレポート作成インタビュー内容から方向性を言語化、示します人事ポリシー経営理念と企業ビジョンを具現化するための人事管理の基本的なあり方を言語化します

経営陣インタビュー 経営理念から存在意義や方向性を言語化します
人事部門との打ち合わせ 組織の未来を言語化します
社員へのインタビュー 個別キャリア志向確認を含めて広く意見を伺います
  • 人事ポリシーを再構築するために、経営陣をはじめキーパーソンや社員の皆様へのインタビューを行います。
  • インタビューはコーチング技術を活用して、皆さまの想いを引き出し、言語化いたします。
  • この他進め方は各社によって異なるケースがあります。詳しくはご相談させてください。