戦略人事支援コンサルティング 経営理念をベースとした人事処遇・評価制度

経営理念をベースとした人事処遇・評価制度

  • 対象 経営理念や行動指針を人事評価に反映させたい企業
  • 課題 成果とプロセスをバランスよく評価したい
  • 現状 従来の評価制度の見直しを検討している
  • 特長 経営理念を軸とした人事評価を設計・運用支援できる
  • 実績 経営理念をベースに目標達成型人事評価制度の策定中

151117_kenkojinji

人事処遇制度の再構築

成長期の組織が次のステージに移行する際に、必ず課題としてあがるのは人事処遇制度
人事評価は経営理念と整合性があることが重要です。当社では、社員制度(資格・能力定義)、報酬制度(給与・賞与)、人事育成体系(昇格・異動・研修)、評価制度を「人事ポリシー」に基づき設計します。
人事処遇制度の図


 

 icon-comments 人事処遇制度設計のプロセス例

「人事ポリシー」に基づいて、社員全員へインタビューを実施。意見を集約した上で制度設計を行います。 

人事処遇のプロセス

インタビューによるメリット

  • 人事ポリシーを全員に落としこむことができる
  • 個々の社員のキャリア意識を確認できる
  • 自分たちの意見を反映して作られた人事処遇制度だという意識の共有
  • 制度および、結果としての処遇への納得性が高まる
  •  ヒアリングを実施することによる効果は多岐にわたります。
    ヒアリングを実施することによる効果は多岐にわたります。

     

    等級制度における設計手順例

    設計 事業のために必要な人材をセグメンテーションし、「系統」を職種や期待役割といった要素ごとに設計。
    分解 それぞれの「系統」を人事管理の観点で複数の階層に分解
    定義づけ 分解された階層ごとに能力要件の定義づけ
    ネーミング化 それぞれの「系統」と「階層」に名前(認識記号)をつける
    モデル設計 生涯の昇進モデル等を設計

    評価制度の再構築

    経営理念と人事ポリシーと評価制度の整合性 

     
    評価対象と着眼点の例

    評価対象 着眼点
    業績 有する能力をどのように発揮し、どのような成果を上げたかを目標管理により評価
    能力 職務遂行に必要な能力(知識、スキル、マインド)をどれだけ身に付けているか職能定義に照らして評価
    姿勢 物事に取り組む際の姿勢について行動基準や人事ポリシーに照らして評価

    導入の流れ

     icon-download 経営者の想いが人事制度に現れる

    現状の把握と方向性のご提案 組織の現状(制度、状態等)をヒアリングさせていただき、今後の方向性をご提案いたします。
    導入準備 「人事ポリシー」の策定に着手いたします。経営陣へのインタビュー、人事部門との打ち合わせ、従業員へのインタビューを実施し、組織の未来の方向性を指し示すガイドラインとしての「組織人事ポリシー」を策定します。
    人事制度の詳細設計 「人事ポリシー」に基づき、処遇・評価制度などの詳細を設計していきます。
    導入と調整 新制度導入に向けたガイドライン作成や、背景・運用に関する説明会開催をサポートいたします。
  • 人事戦略再構築-Visionarhythm(ビジョナリズム)は、着手から導入まで約6ヶ月を想定しています。
  • ステップ内容は企業ごとの課題やステージに応じて変わります。
  •