戦略人事支援コンサルティング 介護離職を防ぐための取組みサポート

介護離職を防ぐための取組みサポート

介護離職防止のための取組みを支援しています

  • 対象 両立支援(育児と介護)に取り組む企業
  • 課題 介護をはじめた社員がいる
  • 現状 介護支援の仕組みがまだない
  • 特長 経営理念を軸に、言行一致の仕組みづくりを支援
  • 実績 成長期をむかえた企業での支援実績があります

 介護離職を防ぐために

 
介護離職を防ぐための取組み支援は、東京都もしくは厚生労働省が定義する『介護支援』のあるべき姿に沿ったカタチでご提供いたします。
 
組織のなかに介護に直面しそうな方はいませんか?もし思いうかぶようでしたら、ぜひお問い合わせください。介護離職を防ぐこと、介護に直面した社員を支援する仕組みづくりは”はたらきやすい職場環境をつくる”ことであり、また同時に社会的課題解決のための取り組みでもあります。

介護離職を防ぐための取組みが必要な理由

年間10万人を超える離職者
家族の看護や介護のために離職や転職を余儀なくされた人が年間10万人を超えています。ミドルマネジメント層をはじめ、職務に精通した世代の従業員が介護離職するケースが増えつつあります。
介護離職は組織にとって大きな課題
ミドルマネジメント層の離職や、役員層の離脱がおきることは大きな損失となります。離職をカバーするには相当の労力と時間、コストがかかります。

安心して介護と仕事を両立できる組織を

介護と仕事が両立できないと
  • ミドルマネジメント層が仕事に集中できない
  • 介護により離職する人がふえる
  • 介護離職により周囲も「自分も‥」という不安が波及する
  • 介護を許容してくれない組織という印象になる
  • 長く安心してはたらける職場でなくなる
  • 離職コスト、採用コストが上昇する
  • ノウハウの継承が困難になる
  • 介護支援に取り組むメリット
    介護支援に取り組むことで、働きやすい職場をつくることになります。具体的には

  • 総労働時間の削減
  • 年次有給休暇の取得推進
  • 過重労働の改善
  • といった項目に着手することで、介護と仕事の両立がしやすい組織風土と制度をつくりあげていくことにつながります